住宅ローンの借入可能額について

住宅ローンを利用しようとする人は必ずしも自分の希望する額の借入ができるわけではありません。銀行などの金融機関も数千万円単位のお金を融資するわけですから、貸付しても問題ないという確証を欲します。そのため借入希望者の審査をして、問題なければ契約して融資実行という形になります。また審査の際、融資は可能だが希望額より低い額でなければ難しいという場合もあります。住宅ローンの借入可能額はある程度決められているのです。

そこで住宅ローンの借入可能額は、具体的にどのくらいなのでしょうか。一般の銀行の場合、年収の25%程度の返済負担率程度の借入なら可能となっています。返済負担率とは、住宅ローン返済額の年収に占める割合のことを言います。そのため人の年収によって、住宅ローンの借入可能額も変わってくるのです。

政府系金融機関が提供するフラット35の場合、返済負担率は35%程度に上昇します。一般の銀行で利用できない場合、政府系金融機関を利用するとよいでしょう。